薬局などで売られているムダ毛処理用品

薬局などで売られているムダ毛処理用品

昔から薬局などで売られているムダ毛処理用品に脱毛テープがあります。
バレリーナのパッケージが印象的なエピラットの脱毛テープは1度は見かけたことがあるのではないでしょうか?
最近では電気シェーバーなどの価格も下がり、ムダ毛処理方法としては主流となっていますが脱毛テープで処理する人ももちろんいます。

 

脱毛テープは広い範囲を一気に脱毛することが出来るのがメリットとしてあげられます。
足などの広範囲の脱毛には最適と言えそうですね。
剃るのとは違いテープについた毛がしっかりと抜けるので、次に生えてくるまで4週間と長い期間脱毛効果があります。

 

デメリットとしてはやはり痛みを伴う事でしょう。
脱毛したい部分にしっかりとテープを貼り、毛の流れに逆らって一気にテープを剥がすのでどうしても痛みがあります。
そのせいもあり、剥がす事自体に勇気がいるという人もいるようですね。
一気に剥がせずにいると、綺麗に脱毛できないこともあるのでなかなか大変です。

 

テープを剥がすという事で、肌にも負担がかかりそうですよね。
もちろん、肌の弱い人にはあまりおすすめできません。
しかし、最近ではテープにカモミールエキスや海藻エキスが配合されており、肌に優しく作られています。

 

足などの広範囲の脱毛に適していると書きましたが、ミニサイズも販売されていて狭いところにも使用できます。
腕などにはミニサイズを使用するのが良いでしょう。
ワキなど、濃く密集している部分にはあまり適していないので、使用上の注意をしっかりと読んでから使ってくださいね。

 

このほかにもエピラットは脱色クリームや除毛クリームもたくさん販売しています。
女性用のものだけではなく、男性用の脱毛フォームや脱色クリームもあります。
脱毛クリームキットはワキの下などにも使用できます。
最近では男性でもムダ毛処理をしっかりしていて当たり前になってきていますので、気になる方は商品を手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

エピラットの脱毛テープは14枚入りで千円以下で購入できます。
剃るよりも抜くという脱毛方法でムダ毛処理したい方は使用してみてください。
抜くという処理方法なので、使用頻度などで肌トラブルを招いていしまう事もあります。
使用後、肌が赤くなったり腫れたり、毛穴が炎症しているような状態になった場合はすぐに使用を中止しましょう。

 

脱毛テープでも埋没毛になりやすくなるようです。
埋没毛になってしまっても、無理やり毛を取り出したりしないようにしてください。

ワキがヒリヒリ

中学生ころの、ムダ毛が気になり始めたころに、最初に処理に使い始めたのが、毛抜きでした。

 

一番身近にあり、親に知られずに処理をしたかったので、手っ取り早かったのです。
数本ずつ毛抜きで挟んでは、ブチブチと引きちぎって毛を抜く作業、とても大変で、手と一緒にワキを覗く目も意外と疲れました。

 

だいたいの処理が終って、お風呂に入ると、大変な事態になりました。
身体を洗うナイロンが、ワキに当ると刺激があり、そのうえジワジワとボディーソープまで染みてきました。急いで泡を洗い流し、湯船につかりました。すると、湯船でもお湯が染みてズキズキしました。

 

お風呂上りにワキをチェックすると、赤くぽつぽつと毛穴が腫れてしまっていました。結局、その後、ワキに傷薬を塗って、痛みは落ち着いて、赤さも次の日には治まっていました。
そのときには「もう二度と毛抜きで抜かない」と思うのですが、お手軽なので結局何度か毛抜きでの処理を試みました。

 

その結果、数年後には、毛穴が黒ずみ、ワキには黒いポツポツが大量に残るようになりました。大人になって永久脱毛処理をしても、その黒ずみが目立ってしまい、残念な状態です。
せっかく脱毛したのに、今度はその黒ずみ処理に手間をかけなければならなくなっています。